そらふぁはこんな農園ですよー。

そらふぁブルーベリーガーデンは淡路島の南あわじ市にある観光農園です。
「空」+「ファーム」のイメージで名付けました。
音階の「ソ」「ラ」「ファ」でもあります♪
20110710休憩所2011全景.jpg
そらふぁのまわりはその名の通り、
まっすぐ目線で空が見える、周りは田んぼや野菜畑です。
農園の近くには玉葱小屋や倉庫、牛舎、民家があります。
そして遠くには山が。
幹線道路から離れてるので静かでゆったりとした時間が流れています。
淡路島の農家の雰囲気が体感できる場所です。
この雰囲気を大切にしながら、なるべく廃材を使って
木のぬくもりを感じられるナチュラルテイストの景観に
しています。
20120702 ブルーベリー小屋.jpg
2002年 ブルーベリー栽培を始めた会社を手伝う
2003年 共同でブルーベリー生産に参加
2004年 淡路島内スーパーなどに生果実を出荷
2007年 現在地に移転
2009年 知り合いだけに教えて摘み取り園プレオープン
2010年 無農薬栽培化
2011年 晩生品種を拡充
2012年 かき氷が登場。名称を「そらふぁブルーベリーガーデン」に
2013年 有機肥料だけで栽培開始
基本的にブルーベリー単品の観光農園です。
野菜とかは自分ちで食べる分のおすそ分け程度です。
市場出荷をしないセルフ摘み取りと直接販売の専門園です。
・園主はパソコンと漫画で目を酷使していたので、ブルーベリーがいまほど知られる前からブルーベリー入りヨーグルトとか食べてました。
・実は園主が一番好きな食べ物はイチジクです。ブルーベリーは2番目。
・ほかのベリー類を増やす画策中です。
・園主は朝食はフルーツしか食べない健康法を6年間くらい続けてます。
・園主は7月から実がなくなるまで毎日ばくばくブルーベリーを食べます。
20121020 夏の整備完了.jpg
・品種はラビットアイ系、約500本です。
・甘さ・美味しさにこだわって品種を選んでいます。
・摘み取りやすいようにコマメに枝を剪定しています。
園主は植木屋もやっていて、庭師の技術が活かされてます。
・園主はブルーベリーの剪定が大好きで、
やってると時間の経つのを忘れてしまいます。
・一番古い木で樹齢14年です(2012年夏)。
・成虫が実と葉、幼虫が根を食い荒らすコガネムシと毎日戦ってます。
・草引きは園主の母を中心に家族総出&造園事業のスタッフも手伝ってます。
・園主は広告の制作、園主妻は洋菓子メーカーで企画や
デザインの仕事をしていたので、そのセンスがところどころ生かされて…る筈。
20120703 ブルーベリー小屋表札.jpg
・看板とかは妻の手作りです。
・ブログは園主が書いてます。
・ブルーベリーの育て方についての質問してください。園主が喜びます。
・就農についてもよく聞かれます。リアルな話、相談にのります。
・地元のオススメのお店も聞いてください。
・ジャムは手作りです。専用の銅鍋で煮ています。
・かき氷のさらさらジャムも手作りです。手間かかってます。
・平日はとても空いてます。
・鳥避けに防鳥網を張ってあるのですが、特に被害ないのでそのうち外すかも。
・カエルがいっぱいいます。
・水田に流す井戸からの汲み上げ水が近くを流れています。
・休憩スペースは風の通り道になっていて入るとちょっと涼しいです。
・時々子供たち(2013年の夏で小5と小1)が遊びにきます。
・県道から少し入ったところにあるので
案内の看板を見ながらゆっくり来てください。
 
お待ちしてますv(^_^)(^o^)/