ドウダンツツジの花とブルーベリーの花

20130423 ドウダンツツジの花.jpg

「ブルーベリーの花ってどんなの?」って訊かれた時に、説明によく使うのがドウダンツツジの花です。
こんな風に垂れ下がって花瓶を逆さまにしたような白い花が、似てるといえば似てますね。

20130422 ノビリス開花.jpg
一方こちらはこの前から定点観測してるラビットアイ系、ノビリス(T-100)の花です。

実はブルーベリーはツツジ科の植物です。なのでドウダンツツジとは遠縁にあたりますね。花が似ているのはたまたまでしょうけど。やや酸性土壌を好むのと乾燥に弱いのはツツジ類に共通してますね。

ブルーベリーも綺麗だと思いますが、ドウダンはさすが庭園で昔から観賞用に使われてきた木だけあって、葉っぱにも凛とした美しさがあります。紅葉も綺麗なので庭にはぜひ欲しい低木です。

ブルーベリーは品種改良が盛んで、その結果、花もいろいろです。わずかの違いではありますが、細長いのもあれば太くて丸いのもあります。花にピンクの筋が少し残るものもあります。

T-100は萼が開いて帽子をかぶってるように見えるのと広がった花冠に特徴がありますね。

花の特徴は品種の同定にとても重要な知識なので、いろいろ見比べて覚えるようにしています。

(2013/04/27)