全品種紹介。いまならすべて食べ比べ出来ます!

140725 R.jpg
そらふぁのブルーベリーはすべてラビットアイ系の品種です。収穫時期は7月頭から8月下旬まで。この時期はちょうどブルーベリー狩りシーズンの真ん中当りで、早い品種の残りの実と遅い品種の熟れ始めの実が食べられます。そして主力品種たちは鈴成状態でどんどん食べていただけるとってもお得な時期です。晴天が続いて甘みがのってます!
うちの農園で実が熟してくるのが早い順番にだいたい並べてみました。以下簡単な紹介です。
↑上の写真はラヒ。残ってる実は小さくなりましたがどれ食べても甘いです。
140725 cmx.jpg
クライマックスも美味しかったですが、かなり寂しくなりました。もともと小粒で残ってる実はさらに小さいです。そろそろ終了。
140725 bw.jpg
ブライトウェルはまだまだ大きな実があります。クセのない万人受けする味。ちょっと早採りしても食べやすいです。
140725 Pr.jpg
プレミアもまだまだいけます。これも誰が食べても美味しいです。
140725 f.jpg
フェスティバルは一番大きな粒が終わったところ。まだまだ濃厚な味が楽しめます。
140725 g.jpg
グロリアはとっても甘いです。もともと着果率が良くなくて実が少ないのでお早めに。
140725 mend.jpg
メンデイト、黒い実が特長。甘ったるいくらい柔らかくて甘いです。
140725 bs.jpg
ブルーシャワー。すごい大粒が成りますが、でかい実はもうなくなってきました。味はおとなしめ。
140725 o.jpg
オクラッカニー。とっても甘くて上品な味わい。ブルーベリー狩りシーズン後半の主力です。
DSC_2294 Pw.jpg
パウダーブルーは爽やかな味。いまからが本番。この品種も摘み取りシーズン後半を引っ張ってくれます。
DSC_2324 yado.jpg
ヤドキンも爽やかな風味です。
DSC_2309 d.jpg
デライトはクセになる味です。こればっかり集めてる人も。
DSC_2283 n.jpg
ノビリス。野菜っぽい風味。不思議な味がします。
DSC_2327 bold.jpg
バルドウィン。鈴成です。ちょっと酸味が強いのでよく熟した実を厳選してください。
140725 maru.jpg
マルは扁平な実が特長。これも熟してるかどうかの判別が難しい品種。というか農園主でもよくわからない…。圃場の一番奥に隠してあります^^;
140725 wito.jpg
ウィトウ。ウチの農園では今年は植替えしたので食べられる実が少ないです。
140725 ono.jpg
オノ。こちらも今年は植替えで実はちょっとだけ。ウチの最晩生品種。そろそろ味見できます。
以上16品種です。
ほかにまだ放ったらかしで食べられるようにしてないタカヘとか、品種不明の木も…。
圃場の木には品種の札をつけてますが、落ちてたり枝に埋もれて見えなくなったりしてますので品種を詳しく知りたい方は農園主を掴まえて質問してみてください。
今年も昨年並に生育が早いです。淡路島も暑いですが、全国的に6月後半あたりの気温が高くてあちこちのブルーベリー農園やほかの果物の味覚狩りの情報を聞いてもブルーベリー狩りシーズン終了が早めかもです。できましたらお早めにお越しください。
(2014/07/25)